(ネタバレ無し)大ヒット恋愛小説を映画化「好きだった君へのラブレター」(Netflixオリジナル)

ネタバレ無しで解説!大ヒット恋愛小説を映画化したNetflixオリジナル作品「好きだった君へのラブレター」

評価 3/5
初々しさ 3/5

出演者

  • ラナ・コンドル(ララ・ジーン)
  • ノア・センティネオ(ピーター)
  • イスラエル・ブルサード(ジョシュ)
  • ジョン・コーベット(コーヴィ)
  • エミリヤ・バラナ(ジェン)

主演はパトリオット・デイX-MEN:アポカリプスに出演していたラナ・コンドルです。ベトナム系アメリカ人の彼女は、まだ21歳と若いですが、有名な作品に出演していて、これから活躍が期待される女優です。

サントラ






















ロケ地

カナダのバンクーバーで撮影されました。学校のシーンはバンクーバーにあるPoint Grey Secondary Schoolで撮影しています

こんな時に観たい

  • 休日の日中にまったりしながら
  • 誰かに恋をしている時に

予告動画

ストーリー

高校生のララ・ジーンは姉の彼氏ジョシュや同級生のお調子者ピーターなど好きになった人に想いを伝えられず、ラブレターを書いては箱にしまっていた。ある日、そのラブレターが相手に届けられてしまい、大混乱を巻き越してしまう。

見どころ

この作品はアメリカ人作家ジェニー・ハンの大ヒット小説「To All the Boys I’ve Loved Before」が基になっています。

この作品はティーンの恋愛を描いていて、初々しさや成長も感じられるラブストーリーになっています。ティーンをとっくに過ぎた私には懐かしさが感じられましたが。この映画のようなティーンの恋愛映画は観ていて一歩踏み出す勇気が湧いてきますね!

Netflixオリジナル作品なので、気になった方はNetflixでどうぞ。

Netflixで「好きだった君へのラブレター」を観よう
https://www.netflix.com/title/80203147?s=i&trkid=14751296